2015年より続けてきた町中華探検隊の連載が最終回を迎えました!

2015年から『散歩の達人』⇒『WEBさんたつ』と続けてきた町中華探検隊の連載が終了しました。

揚げ物は町中華の腕の見せどころ!/第13回(最終回)「町中華の揚げ物」【後編】【町中華探検隊がゆく!】|さんたつ by 散歩の達人

簡単に町中華探検隊の歴史をここに記しておきます。
2013年の暮れ、高円寺の「大陸」という町中華が閉店したことで、翌2014年、北尾トロと下関マグロが町中華をめぐる活動を開始しました。町中華探検隊を結成。
2015年になって、増山かおりが入隊。
2015年3月に『散歩の達人』(交通新聞社)で荻窪・西荻窪の町中華の特集を北尾トロ、増山かおり、下関マグロで執筆。その後、半澤則吉を加え、連載は4人のライターでスタートしました。

カメラマンは、連載前の特集から担当していた山出高士。
この連載がきっかけとなり翌2016年には『町中華とはなんだ』(立東舎)を北尾トロ、下関マグロと5人目の隊員竜超で執筆。

2017年になるとテレ朝チャンネルで『ぶらぶら町中華』という番組を北尾トロ、下関マグロ、鈴木アカミで担当。

2019年に紙の連載が終わり、WEBに移りました。

コロナ禍があったりで、なかなか取材もままならず、対談もZOOMなどを使っていましたが、以前通りのことができず、
今回、連載は終了しました。

いつかまたどこかで連載したいですね。

ABOUT ME
下関マグロ
下関マグロ
下関マグロ(しものせき・まぐろ) 1958年、山口県下関市生まれ。桃山学院大学卒業後、出版社勤務を経てフリーに。北尾トロ、竜超と共著で『町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう』(角川文庫)。CSテレ朝チャンネル『ぶらぶら町中華』にトロと出演中。
こちらもおすすめ